ねんりんピック福島2002 (10.20〜21) かるた交流大会 in 須賀川  後援:大石天狗堂
地元からの報告  式次第・関係団体  決算書  ミニ画像開会式  抽選会・交流会  競技会
概要  大会役員  主催者挨拶  連絡事項  成 績Aグループ  Bグループ  Cグループ

主催者代表挨拶

社団法人全日本かるた協会   
会 長 新 木 敬 治


 「ほんとうの空に輝けねんりんの輪」をテーマに、第15回全国健康福祉祭ふくしま大会・うつくしまねんりんピック2002が福島県で開催されました。
 高齢者を主役としたこの祭典は、豊かで活力のある長寿社会の形成と、高齢者の健康と生きがい、社会参加と世代間の交流、それを目指して行きます。
 私共小倉百人一首かるた交流大会がこの風光明媚な地、須賀川市に於いて開催されますことを心から嬉しく思います。

 近年再び多くの方々に親しまれています小倉百人一首は古来より遊戯として広く親しまれ、さらに室内競技として老若男女を問わず共にたのしめるこの競技は高令者同士、又若いお子さんを指導することの喜びも味わえます。
 また、競技を通じ精神の集中、脳の活性化にも役立ちます。1枚1枚に技を競う、競技を終えた後同じ趣味を持つ者同士の心のふれ合い、健康と福祉の輪が広がります。
 この大会を契機にシニアパワーを大いに発揮していただくと共に、豊かな経験と知識を持った皆様方にはますます社会への貢献を賜ります様お願い申し上げます。

 結びに当たり、この大会を開催するに当たりまして、ご支援賜りました須賀川市、株式会社大石天狗堂様、また、多大なご尽力を賜りました福島県かるた協会、社団法人全日本かるた協会北海道・東北支部の皆様に心から御礼申し上げ開会のご挨拶とさせていただきます。

 平成14年10月20日
上へ戻る 東北支部へ戻る