(大城屋)
東北支部
 
(社)全日本かるた協会北海道・東北支部規約

 (名称及び事務局)
第1条 本会は(社)全日本かるた協会北海道・東北支部と称し、事務局を支部長の指定する場所におく。
2 本会の略称として、(社)全日本かるた協会東北支部又は、かるた東北支部を使用することが出来る。
 (目的及び事業)
第2条 本会は小倉百人一首かるた競技の普及並びに支部内の交流を図ることを目的とする。
第3条 前項の目的を達成するため次の事業を行う。
 (1) かるた大会の開催または共催に関すること
 (2) かるた大会の後援および協力に関すること
 (3) かるた競技の指導と普及に関すること
 (4) その他本会の目的にかなうと認めたこと
 (組 織)
第4条 本会は(社)全日本かるた協会傘下にあり、東北地区各県かるた協会の連合体とする。
 (役 員)
第5条 本会に次の役員を置く
 (1) 支部長1名、副支部長6名以内
 (2) 事務局長1名、事務局員若干名
 (3) 支部委員若干名
2 前項の役員のほかに顧問を若干名置くことができる。
第6条 副支部長は各県の代表者とし、支部長は各県代表者の協議によって選出する。
第7条 事務局長は支部長が委嘱する。事務局員は事務局長が委嘱する。
第8条 支部委員は、支部長の承認を得て事務局長が選任する。
第9条 本会の趣旨から、役員の改選期は特に設けない。
 (任 務)
第10条 支部長は本会を代表し、事務局長を指揮する。
第11条 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。
第12条 事務局長は支部事務を統括し、事務局員を指揮する。また、支部長の指示を受け支部委員を統括する。
 (会 議)
第13条 会議は支部会議とし、支部長が招集する。
第14条 支部会議は支部役員及び加盟かるた協会、かるた会代表のうち出席者をもって構成し次の事項を議決する。
 (1) 支部事業
 (2) 支部長が必要と認めた事項
 (会 計)
第15条 本会の事業は参加費、寄付金その他の収入によって賄い、事業毎の単独会計とする。
(規定及び取扱規定)
第16条 この会則に定めの無い事項は支部長の裁可による。但し、事務処理に関しては事務局長が代行できる。
 (附 則)
本会則は平成11年6月27日から施行する。