環境との共生を目指し
岩手県陸砂利工業組合

骨材の安定供給を図る


所在地、電話番号 事務所所在地
添付書類一覧   

砂利 とは
  河川の上流部に賦存していた岩石が、長い年月の間に気温の変化や風化作用、
  侵食作用によって崩壊し、川の流水と共に川を下る間に脆弱な部分が削り取られ
  丸みを帯びたもののうち、粒径がおおむね300mm以下のものを総称して砂利と
  呼びます。その内、大きい順から、玉石・栗石・砂利・砂に分類されます。

陸砂利 とは
  生成過程は河川に賦存している砂利と全く同じものですが、以前は河床または河底
  に堆積してあったが、何らかの地殻変動により、現在は水田、畑、林地、雑種地等の
  陸地となっているところに賦存している砂利を陸砂利と云う。

                        [ 砂利採取法ー砂利の定義より]