賃貸住宅のメンテナンスをお考えの皆様へ




                 アパートや貸家をお持ちの皆様のお悩みのひとつに外部の周期的なメンテナンスや
                 入居者の退室後の清掃やお手入れによる多額の出費が有るかとおもわれます。 

                 一般に、外壁や屋根は新築後、約10年が経過しますと自然と劣化し、防水性が失われ
                 始めます。 又、外観も汚れてきたり褪色したりと、美観の面でも問題が出始めますので
                 塗り替えや場合によっては屋根や外壁の張り替えが必要となります。

                 又、空き部屋が発生した場合には、出来るだけ速やかに、更に安価にお部屋の改装をし、
                 次の入居者の方への準備をしなければなりません。

                 そこで当店は塗装によるお得なメンテナンスを提案します。



                   外部の塗装について

                  まず、屋根や外壁などの外部のメンテナンスからご説明いたします。

                  どんな、建築物でも早かれ遅かれ必ず経年劣化が起こります。 その為、
                  徐々に外壁の防水性の劣化、屋根や階段、手摺等の錆による腐食が
                  見られるようになります。 
                  又、汚れや色あせ等で美観も損なわれてきます。

                  この状態を長く放置しますと雨漏りの原因となりますし、手摺等の劣化は
                  居住者の皆さんの安全性も脅かします。 更に、見映えも悪くなり、新規の
                  入居者から敬遠される可能性も大きくなります。

                  そこで、約10年に一回の外部のまるごと塗り替えをお奨めいたします。

                  最近の外壁塗料は防水性、防汚性に優れており、フッ素樹脂、シリコン樹脂
                  を使った高耐久性塗料は10年以上の耐久性を持つものが珍しくなくなって
                  きております。
                  又、 屋根や鉄部には錆止め塗料を下塗し、外壁と同じく高耐久性塗料を
                  上塗りすることで長期間にわたり錆の発生を抑えることが可能です。
 
                  更に、屋根や外壁のほか雨樋や破風、鼻隠し等細部まで塗り替える
                  ことによって清潔感が得られる上、配色を見直すことによって建物全体の
                  統一感をかもしだす事が出来、入居率の向上にも一定の役割を果たすと
                  思われます。

                  外部の全てを塗装工事でまかなった場合、外壁の張り替えや屋根の
                  葺き替え工事と比べて費用は1/3〜1/5程度で済み、また工事期間が
                  短縮できるので住んでおられる方々にあまり不都合をかけなくてすみます。



                        





      

                  内部の塗装について

                  入居者が退室した場合、壁紙や襖の張替えや畳の表替え等の、改装が
                  必要になります。 
                  その他、台所の天井や浴室の壁などの塗り替えもしなければならない
                           場合もあるかと思われます。

                  そして、最近は新たにフローリングのお手入れが欠かせたいものになり
                  つつあります。 
                  最近流行の間取りは洋間であり、当然床はフローリングが主流です。
                  フローリングは新品時はとても美しい為、入居希望者からの人気も高く、
                  フローリングの物件から満室になると言われているほどです。

                  ところが、この素材はメンテナンスの面では気を使わないとすぐに傷んでしまいます。


                        


                    フローリングの傷みの原因は主に、家具等の移動の際に出来るもの、
                    もしくは水周りでの水分での劣化が挙げられます。

                    フローリングは傷みが進んでも簡単に取替えが出来るものではありません
                    ので傷がつく前のコーティングが欠かせません。

                    床のコーティング材として最初に思い浮かぶものはワックスですが、耐久性
                    を考えますとクリア塗装によるコーティングをお奨めします。


                       


                     上の画像は最初の画像の床に下地処理を施した後、下塗を行った状態
                     です。 これにさらに上塗りすると


                       


                     こんな状態になります。
                     出来れば新築時から施工しておかれれば最高ですが、入居者の退室時に
                     毎回施工を繰り返してもほぼ同じ効果が得られます。

                     又、当店では壁紙に塗装でき、消臭や防カビさらにシックハウス症候群の
                     予防に効果のある環境改善形塗料での施工も承っておりますので興味が
                     あるオーナー様はどうぞお気軽にご相談ください。




                       

                    参考写真 6帖間天井、壁 環境改善塗料塗り仕上げ