皆さんが高額の買物や工事の依頼をなされる場合、一番参考にするのが
              見積書かと思います。 

              ところが、どの種類の見積書を見ても専門用語が多すぎたり、煩雑に書いて
              あったりと、結構、分かりにくいものです。

              そこで、このページでは塗装用の見積書の見方とその注意点を
              ご説明したいと思います。




(当店標準仕様で建坪40坪の通常2階建て住宅を例としています。)

         1.まず合計金額をみてみましょう。

            工事を依頼する場合一番大切なのが金額がお客様の予算内におさまっているかどうかです。
            また、消費税が含まれた金額なのか、そうでないのかもチェックしましょう。

         2.塗装する箇所を見てみましょう。

            金額をチェックしたら次は塗装する箇所がお客様の考えと同じであるかどうか確認します。
            屋根、外壁のみですとその他の部分が追加工事になる業者もあるようですから注意しましょう。

         3.使用する材料をみてみましょう。

            金額が安くても使用する塗料が悪くては耐久年数が著しく低下して結局は高い買物に
            なってしまうかもしれません。 現在の水準ですと屋根や外壁にはウレタンペイント以上の
            材料を使用するのが一般的ですので、アクリルペイントや合成樹脂調合ペイントの材料で
            見積もられている場合はお断りしたほうがよいでしょう。

         4.数量と単価をみてみましょう。

            出来れば2ヶ所以上の業者から見積もりを取り、本当に信頼できる所を選びましょう。まして、
            大きな金額の見積もりに数量部分に一式工事と書いてある場合、その業者は避けたほうが
            よいでしょう。

         5.最後に注意書きをみてみましょう。

            欄外にある*印や「注」の字が書いている場合、そこには結構重要な事柄が記載されている
            場合がございます。最後まできちんと読みましょう。

           いかがでしたか?。参考にして頂ければ幸いです。また、下に塗料の説明と住宅外部の
           名称を入れておきますので、そちらも参考になさってください。




      ・塗料の種類とその性質

 塗 料 名     おもな使用箇所   性         質
 合成樹脂調合
      ペイント
 内外壁面、天井、木部、
 鉄部、その他
 ほぼあらゆる色に調色でき、使用箇所も幅広い
 もっとも一般的な塗料です。(略称SOP) 
 アクリルペイント  屋根、鉄部等  SOPよりも耐久性に優れ、使い勝手も良い塗料です。
 シリコンペイント
 1液形 2液形
     〃  現在では一般的に使用されるコストパフォーマンスの
 良い塗料です。 又1液形、2液形があり、後者の方が
 塗膜が強靭に仕上がります。
 シリコン系遮熱塗料  屋根専用  シリコン系屋根用塗料の耐久性に加え、太陽光を効率
 良く反射し、夏の室内の気温上昇を抑えます。
 フッソペイント
 1液形 2液形
 屋根、鉄部等  最高級の塗料。 主に急勾配屋根等の為、足場価格が
 高くなる場合に塗り替え周期を長くする為に使用します。
  
 ターペン可溶形
      アクリル
 内外壁、軒天井、浴室壁等   湿気にも剥がれにくい上、防カビ剤も配合されている
 壁用塗料です。
 単層弾性塗材
  (シリコン系)
 外壁、軒天井  防水性、弾性機能のほか、低汚染性、透湿性、防カビ
 防藻機能も兼ね備える外壁用塗料です。
 高耐候性水性
      シリコン
 外壁、軒天井  耐久年数がとても長く、長期に渡り高光沢、低汚染性
 を発揮します。 
 高耐候性
 2液形弾性シリコン
 外壁、軒天井、木部
 鉄部、その他
 数あるシリコン系の塗料の中でも最高レベルの塗料。
 弾性機能も備えているので、モルタルのクラックや
 コーキングの伸縮にも対応できます。
 高耐候性 
 2液形弾性フッ素
 外壁、軒天井、木部、
 鉄部、その他
 建築用仕上げ塗料として最高級品。 他の塗料よりも
 高価なため、主に高層建築物用として使用します。
 アクリル
    エマルション
 内外壁等  仕上がりの美しい水性塗料。長年に渡り使用されてきた
 信頼性の高い材料です。
 環境改善形塗料  室内 天井、壁、木部等  人体に悪影響を及ぼす化学物質やたばこなどの臭いを
 吸着、分解し快適な住空間をつくります。
 オイルステイン  室内木部  木部用着色料。
 白ラック
 スパーワニス
 室内木部、床、建具等  クリアー仕上げ用塗料。床などの艶出しやオイルステイン
 の上塗りとして使用します。
 ワックス  建具、床  建具や、フローリングを傷や汚れから守ります。
 キシラデコール  外部木部  防腐、防虫剤が配合されている屋外木部専用着色料です。
 アクロンAB
 レブライト
 白木  和室の白木の天井や柱のアクや汚れを落とします。
 合成樹脂系錆止め   屋根、鉄部  一般的な錆止め塗料。 肉厚があり上塗りが美しく
 仕上がります。
 エポキシ系錆止め  屋根、鉄部  合成樹脂系錆止めよりも密着性、錆の隠蔽性に優れ
 長期にわたり上塗りを美しく保ちます。
 2液形
 エポキシ系錆止め
 屋根、鉄部  主材に硬化剤を混合するタイプの錆止め塗料。
 1液形よりも安定性、付着性に優れ、塗替え用の錆止め
 塗料としては最高級品です。
 浸透形シーラー
 1液形 2液形
 外壁  外壁用下塗塗料。老朽化、脆弱化した外壁の下地に深く
 浸透しその箇所を補強します。 又、仕上げ塗料との
 密着性も良好です。 下地の状態に合わせて1液形か
 2液形かの選択をします。
 造膜形シーラー  外壁  一般的な外壁用下塗塗料。
 微弾性フィラー  外壁  下地調整材。 複層仕上げの主材としても利用します。
 断熱補強塗材  外壁  他の外壁用塗料よりも断熱性に優れていますので
 既存の断熱材の性能を補強し、室外の気温に対し室内の
 温度変化を少なくします。


      ・下地調整

 高圧水洗  屋根、外壁等  汚れが強い住宅に専用の洗浄機を使って行います。
 ブロワー  屋根、雨樋  強力な送風をして、落葉やほこり等のごみを除去します。
 スチーム洗浄   屋根、外壁  特に汚れが強い箇所に専用のクリーナーを用いて行います。
 ケレン  屋根、鉄骨  ワイヤブラシや電動工具等で錆や塗装のはがれを取り除きます。
 研磨紙ずり  屋根、鉄部、木部、塗膜等   表面の荒れた素地を平滑で清浄にします。
 コーキング  目地、亀裂、サッシ廻り等  外壁の目地やひびに使用し、雨水の浸入を防ぎます。