ようこそ My Roses Garden へ

塀に咲いたアンジェラを目印においでください


夫の転勤で盛岡に戻り
マイホームを手に入れたのが昭和50年

当時は小さな庭に
もみじやツゲ・ナナカマド・チャボヒバ・さつき等々
せっせと植木屋さん通いをして
和風の庭を手造りしていました。

その中には、実家から来た
ハイブリッドの赤いバラが一本ありましたが
バラには特に興味もなく
もちろん育て方もよく分からず
ただ植えてあるだけでした

ところが、平成9年
一冊の本を手にしたことから
イングリッシュローズに魅せられてしまったのです。
どうしても欲しくて
お隣の秋田県まで出かけ、
小倉バラ園で手に入れた一本がヘリテージでした。

それからというものは
庭木の根堀りに悪戦苦闘の日々
毎年バラを注文しては
庭木が一本づつ消えていきました。

それから15年、狭い庭がバラでいっぱいに
でも、まだまだ欲しい品種がたくさん
なかなか薔薇熱は冷めないようです


アーチをくぐってどうぞ中へ
振り返って見上げるとマダム・イザーク・ペレールが香ります
アーチ左手のトレリスには
ピエール・ド・ロンサールとバレリーナ
クレマチスの ハーグレイ・ハイブリッドも似合ってます
門を入ると右側には カーディナル・ドゥ・リシュリュー
その隣には大好きなロココ
ゆったりと優雅に波打つ花びらは
 ほんとうにきれい


こちらはロココとペネロペ
ロココの手前にはジキタリス


アプローチ左側にはヘリーテージ、
右奥の赤がウエン・ロック
庭の真ん中まで進むと
手前からがコンテドゥ・シャンポール、
ブルーのフーロー草、キャットミントの後が
ワイフ・オブ・バス、ザ・プリンス、プリティージェシカ etc

軒下のアーチには フェリシア

これくらいの咲き具合になると
明日の朝がとても楽しみ
フェリシアの右側には コンスタンス・スプライ
アーチからシャラの木にからめて
コンスタンスの足元にはジョン・クレア
太宰治の富嶽百景風に言うと
「バラにはジキタリスがよく似合う」ですネ
それにしてもピンクだらけです
パーゴラの下には元気のいいアブラハムダービー
隣にはウィリアム・モーリス 、アプリコット色がステキです
うつ向き加減に咲くので、ちょっと腰をかがめてどうぞ
1〜2歩進んで右側にはお気に入りの シャルル・ドゥ・ミル 
テラスのアーチには ブラッシュ・ノアゼット
壁には ルイズ・オディエ 
玄関脇では鉢で育てている マダム・アルフレッド・キャリエールが
お客様をお出迎え

リビングから庭を眺めるとこんな風
真中のやまぼうしの木が視界を遮ってます

カーポートから玄関へと続く、アプローチの両側だけの狭い庭ですから立ち止まってどうぞ