私の薔薇庭(4)


パーゴラの上はロココ、手前は柏葉アジサイとディルフィニューム、
偶然にも好みの色合わせになりました。
(2011.6.17)

こちらは、左と同じコーナーで2012年の様子です。
ブルーのディルフィニュームや白のジキタリス、クラリーセージ等が入ってます。
(2012.6.18)

ロココ(Rokoko)
(モダンクライミング)1987年 ソフトアプリコット 四季咲き

2003年春ポット苗を入手。

南側にヒバの生垣、東側にパーゴラと日当たりの悪い場所にもめげず
強くて太い枝をぐんぐん伸ばして、高い場所で花を付けてくれます。
ロココ調の名の由来どおり、とても優雅でエレガント
そして花持ちが抜群、大好きなばらです。

ロココとスノーグース、つるアイスバーグ好きなコラボです。
我が家では環境が悪いせいかちょっと黒点にかかりやすいかな

listへ


ブラッシュ・ノアゼット(Blush Noisette)( Old ノアゼット )
1814年 アメリカ 小輪 淡いピンク 四季咲き

ちょっと寒さが苦手で、春は少し遅めの開花ですが、
気温が上がってくると一枝に数え切れないほど多くの
花を付け、辺りは香りに包まれます。
花柄を切り続けると秋まで繰り返し咲いて
大好きなバラです。
ゾウ虫達もこのバラが好きなようで、
相当な量の蕾を食べていきます。

listへ


グラミス・キャッスル(Glamis Castle)
(English Rose)1992年 四季咲き

ふんわりとしたアイボリーホワイトのフルカツプ咲きで、
秋遅くまで連続して咲きます。
次から次とたくさんの蕾を付けますが、
全部咲かそうと欲張ると開き切らないで終わってしまう花があります。
この点と刺が多いこと以外はとても優秀なバラです。 100x60。

listへ


アイスバーグ(Iceberg)
(Floribunda)1958年 四季咲き

純白の緩い八重の花びらが優雅に開き、農い緑色の照り葉に良く似合って
清潔感あふれるこのバラは、庭に是非欲しい一本です。
花持ち、花数全て二重丸。花柄をカットしているうちに次の枝が上がってきます。
当地盛岡は11月に入ると氷点下に下がることもしばしば、
それでもまだたくさんの蕾をつけ開花します。
さすが殿堂入りしたバラですね
大きくなり過ぎたので、スペースの関係で今は鉢上げして育てています。
180x100
こちらは、パーゴラに這わせたつるアイスバーグです。
こぼれ落ちる様な誘因を見ざしていますが、まだまだです。

listへ


マダム・アルフレッド・キャリエール
(Mme.Alfred Carriere)
ノアゼット系オールドローズ 1879年 仏

花芯がほんのりとベージュを帯びた白バラで
長い茎にゆったりと優雅な花をつけます。
2004年秋の入手で鉢で育てています。トゲがほとんど無いので
玄関脇に置いても大丈夫。我が家では一番の早咲きで
キャリエールが咲くと待ちに待ったバラの季節の始まりです。

listへ


ペネロペ (Penelope)
 1924年 イギリス  ハイブリッド・ムスク


花色はやや杏色を帯びた白に近いピンクで
透き通るような花弁がひらひらと房になって咲きます。

我が家では、成長がゆっくりで、当初はこのバラの良さが感じられませんでしたが、
5年を過ぎたあたりから、美しさを発揮してくれるようになり、
今では大好きな手放せない品種の一つです。

(画像は秋バラ)

listへ


ウインチェスター・キャシードラル (Winchester Cathedral)
(English Rose)1988年 四季咲き

純白の数え切れないほどの花弁を密につけて
規則正しく繰り返し咲きます。

一枝だけピンクの枝変わりが出ていましたが、
いつの間にか剪定してしまったようです。

150x150

listへ


ブルー・ド・ネージュ(Boule De Neige)
(Bourbon)1867年 四季咲き150X70

咲き進むに従ってコロンとボール状になり
   かわいい中輪の花をうつむき加減に咲かせます。
         樹形はスマートでトゲも少なく
   たいへん扱いやすい優秀なオールドローズです。
お気に入りでしたが、 2006.11月移植に失敗して 翌春の芽吹が有りませんでした。 自信あったのに・・・
やっぱり欲しくて2009年二代目を入手してしまいました。

listへ


バレリーナ(Ballerina)
(モダンシュラブ)1937年 四季咲き

小さな一重の花を房状にたくさん付けて咲く可愛いバラです。
ピエールドゥロンサールと同じトレリスに這わせたらぴったりお似合いです。

100x120

listへ


ザ゙・フェアリー(The Fairy)
(Polyantha)1932年 四季咲き

とてもかわいい小輪の八重でたくさんの花を付ける房咲き。
我が家ではスタンダード仕立てを育てていました。
2012年の春にカミキリ虫に入られて突然枯れてしまいました。
イングリッシュローズが終わった頃咲きだすので
貴重だったのに残念

listへ


サマースノー(summer snow)
(Climbing)1936年 四季咲き

黄緑の葉に純白で丸弁のかわいい小輪の花をたくさん付けます。
とてもすがすがしい感じで、まさに名の通り夏の雪
枝は細くてしなやか、トゲは少なく丈夫です。

listへ


スノー・グース(Snow Goose)
(English Rose)1996年 四季咲き

デージーに似たかわいい小輪の房咲き、風にゆれる姿が涼しげで優しいつる薔薇です。
枝は細くてしなやか、当地、盛岡では冬の寒風で枝先が痛みますが、
春になるとぐんぐん伸びるので心配ご無用。
パーゴラの上でロココと似合ってます。