English Roses に魅せられて


 華奢な樹形に、薄い花びらが幾重にも重なり、たおやかで優しげな花姿、
   色彩は優美でクラシカル、そして、気品あるオールドローズの香。
            薔薇でありながら決して主張せず、
      周りの草花と溶け込んで3シーズン咲いてくれる。
そんなイングリッシュローズに初めて出会ったのが1997年(H9年) それ以来イングリッシュローズに魅せられ、 我が家の庭から植木が一本づつ消えていきました。
ザ・プリンス、ジョンクレア、ザ・フェアリーを生けてみました。

最初に入手した2本がこの
ウェンロックとヘリテイジ

ワイフ・オブ・バスは庭の一番いい場所に
狭い庭が

イングリッシュローズで

埋め尽くされて

玄関から見た

アプローチ

バラの開花を待つ

5月の庭

残念ながら
リビングからバラが良く見えません
こんな状態で
4ヶ月じっと春を待ちます。