小児乾燥型湿疹(子供のかさかさ肌)

 小児は、皮脂(皮膚のあぶら)を出す腺の発達が十分でありません。そのため、寒くなり汗をかかなくなると、皮膚が乾燥し「かさかさ肌」や「鳥肌様の皮膚」となります。皮膚は乾燥すると痒くなるため、ポリポリ引っ掻きます。これが「小児乾燥型湿疹」です。
 程度の差はありますが誰にでも生じます。
 治療は「保湿」と「かゆみ止め」の塗り薬が中心です。
 塗り薬は、かゆみのある時には1日2回、落ち着いた時には風呂上がりに1日1回行ってください。
 入浴時の石けんは良く泡立てて、汗を流す程度にしてください。
 食べ物の制限を行う必要ありません。
 症状の強い場合は、飲み薬を併用します。
 みずいぼ(伝染性軟属腫)やとびひ(伝染性膿痂疹)などの感染性の疾患を合併することがあります。
 毎年、寒い時期に繰り返し出現し、小学校の中学年以降からは出にくくなります。