イボ(尋常性疣贅)

 イボは「ヒト乳頭腫ウイルス」という「ばい菌」により固いイボの出来る病気です。放置すると数が増えたり、感染したりします。
 手足に生じることが多く、「うおのめ(鶏眼)」や「たこ(胼胝)」と間違われることもあります。治療は「液体窒素」というマイナス170℃くらいの液体で凍らせて、水ぶくれにして脱落させる方法が一般的です。一度で取れることもありますが、手足では回数がかかります。
 
痛みを伴う治療であり、小学生未満の子供さんには我慢出来ないことが多い様です。液体窒素を使えない場合は、スピール膏をしつこく貼り続けていくと少しずつ取れていきます。
 なかなか治らない場合は、ヨクイニン(ハトムギのエキス)、ウレパール(尿素軟膏)、ボンアルファー(活性型ビタミンD3軟膏、ステリハイド(消毒薬)なども一緒に使用します。