とびひ:伝染性膿痂疹

【原因】「とびひ」は子供さんの鼻の穴の中に住んでいる「黄色ブドウ球菌」と言うばい菌が皮膚に感染したものです。そのばい菌の中で皮膚を溶かす毒を持っているグループが原因です。鼻をいじった手で湿疹や虫刺されなどを引っかいて起こります。

【症状】表面がジクジクし、かさぶたを伴う赤い「でもの」です。かゆいために「でもの」を引っかき、その手で他の部位に触れるとどんどん増えるために「とびひ」と言われます。

【治療】化膿止めの飲み薬が大事です。症状にあわせてかゆみ止めも使います。ジクジクの強い場合は薬を塗るだけでなく、ネルの布やガーゼ(当院で販売)に軟膏をのばして貼ると有効です。

【生活】通学、通園は問題ありませんが、ジクジクしている間は、プールをお休みしてください。入浴は構いませんが、長湯はせずにジクジクしたところをこすらないようにしてください。お風呂から上ったら直ぐにお薬を塗ってください。兄弟のいる場合は、バスタオルを別のものにしてください。