単純性疱疹(ヘルペス)

【原因】「単純性疱疹ウイルス(ヘルペスウイルス)」というばい菌による疾患です。このウイルスは神経の根っこに潜んでいて、常に皮膚にウイルスを送り込んでいます。普段は自分でこのウイルスを抑える力があるために症状は出ません。しかし、風邪を引いたり、体調を崩したり、日光に強く当たったりするとウイルスを抑えることが出来ずに発症します。
【症状】主に口の周りに赤い腫れとその上に「水ぶくれ」の集まった状態となります。このウイルスは痛みを感じる神経で暴れるため、ジクジクした嫌な痛みが生じます。
【治療】「抗ウイルス剤」という単純性疱疹ウイルスを抑える薬を数日内服し、水ぶくれには皮膚を守る軟膏を塗ります。
【何度も再発する人】1年に何度も単純性疱疹を繰り返す方がおります。その場合、多くは単純性疱疹の水ぶくれが出現する前に、前兆として嫌な痛みが出現します。この時期に抗ウイルス剤を内服すると早めに落ち着きます。怪しい時はすぐに飲めるように手元に薬をもっていることも大事です。