手足口病について

【原因】手足口病は、主としてコクサッキーA16、エンテロ71などのウイルスによる感染症です。同じウイスルには二度と感染しませんが、別の種類のウイスルには感染することがあるために2回以上発症することがあります。潜伏期間は3〜4日間です。

【症状】手のひら、足の裏にかゆみや痛みを伴う小さい水ぶくれを作ります。水ぶくれは楕円形で、長軸が指紋に一致するのが特徴です。口の中の水ぶくれはすぐに破れ、痛みのために食事が取れにくいこともあります。1〜5歳くらいの子供に頻度が高いものの大人が感染することもあります。症状は年齢とともに軽くなります。極めてまれに髄膜炎を起こすことがありますので、頭痛や吐き気、けいれん、高熱には注意が必要です。

【治療】手足の「でもの」については、水ぶくれを早く乾かす様な軟膏を用います。口の「でもの」が痛い場合は塗り薬を用います。

【生活】基本的に軽い鼻カゼ程度の病気ですのであまり制限することはありません。また、感染後、鼻水内に2週間、便の中に4〜5週間ウイルスが出ているために、隔離を行う意味合いは少なく、全身症状に問題が無ければ、通園、通学に問題はありません。