接触性皮膚炎(かぶれ)

【原因】
 かぶれる原因となる物質(接触源)に触れることにより生じる。接触源は、人によって異なるが、ウルシ、サクラソウ、ギンナン、キクなどの植物、クロム、ニッケルなどの金属、軟膏、消毒剤、シップなどの医薬品、そのほか、防腐剤、白髪染め、化粧品など様々の物質が原因となる。接触源に触れた後、1〜2日経過した後に症状を起こすことが多い。接触後すぐに症状が出るわけでないため、原因を特定できない事も多い。

【症状】
 接触した部位に一致して、かゆみを伴う紅斑(赤み)、丘疹(プツプツ)、腫脹(はれ)、水疱(水ぶくれ)などが出現する。物に触れやすい露出部に生じやすく、左右対称性でないことが多い。

【治療】
 症状にあわせて、かゆみ止めの塗り薬、飲み薬を使用する。かゆみや皮膚症状の程度の強いものでは、ステロイドの内服や点滴を用いると症状が治まりやすい。